ベビーシッターが持っていた方がいい資格 - ベビーシッターとして独立したいなら

ベビーシッターが持っていた方がいい資格

subpage01

ベビーシッターは、乳児や幼児のいるお宅を訪問したお世話するのが仕事です。

明るく、子どもが親しみやすい性格で、子ども好き、お世話好きな人が向いています。



また責任感があることも大事です。

仕事を得るには、個人で宣伝して顧客をつかむ方法もありますが、ベビーシッター派遣会社に登録して依頼家庭を紹介してもらうのが一般的です。

人気のあるエキサイトニュースに関する問題解決をサポートいたします。

資格は特に必要ありません。

しかし仕事をするに当たって、取得しておいたほうが望ましい資格や技能はあります。
公益社団法人全国保育サービス協会が認定する認定ベビーシッターが、プロとしてきちんと学んでいる証明になるでしょう。



保育士資格や幼稚園教諭免許などの公的資格があれば、保育に関してきちんとした知識と技能がある証になり、子どもを預ける依頼者も安心できます。

チャイルドマインダーは、自宅で少人数保育を開業を目指す人向けの資格ですが、ベビーシッターの仕事の内容にかかわる部分も多く、役に立ちます。チャイルドケアは、ハーブやアロマ、東洋医学など自然に根差した療法を取り入れ、幼い子どもへのケア技術と知識があると証明する資格です。
子どもの心身に対する幅広いケア方法を学ぶことは、シッターとしての仕事にも役に立つでしょう。
また、シッターに対して、子どもの日常のお世話をするだけでなく、楽器演奏や英語、絵画などの指導をしてほしいと希望する依頼者もいます。

そういった技能を持っているベビーシッターは、喜ばれ、客を得やすいでしょう。

得られる報酬も高くなります。